RECRUITMENT

「仕事は嫌なもの、やりたくないもの」
という固定観念を変えてくれた会社。
2016年入社

新田 夕美子  YUMIKO NITTA

株式会社クドケン
SEO・PPC課 PPC広告担当
経 歴
2015.04 IT関連の会社に新卒で入社。求人広告、インターネット広告の営業マンとして社会人生活をスタート。飛び込み、テレアポ、訪問の毎日。
2016.04 営業の仕事が肌に合わないと感じ転職を決意。インターネット広告の運用に興味を持ち、転職活動を開始。
2016.07 縁あって㈱クドケンに入社。
2017.10 社内表彰式で貢献賞準グランプリを受賞。
経歴を全て表示
ある1日のスケジュール
07:00 朝はカフェオレで目を覚まします。
08:30 出社し、業務連絡のチェック、他社リサーチ、ウェブ関係の情報収集などをこの時間に行います。
09:00 広告費の使用状況の確認など、運用業務は集中できる午前中に行います。
12:30 昼は近くで外食をすることが多いです。
14:00 顧客からの相談や提案などは午後にまとめて行います。
19:00 退社し、グループで経営している整体院に行き、疲れた体をほぐしてもらいます。
21:00 帰宅
ある1日のスケジュールを全て表示
INTERVIEW
仕事内容
治療院業界に特化したPPC広告の運用をしています。
主に取り扱っているのはリスティング広告と呼ばれる検索連動型広告です。

(グーグルやヤフーで検索したときに上部に表示させるインターネット広告です。)

治療家の先生方がどんなに一生懸命施術をしていても、どんなに素敵なホームページがあっても、患者さんが知らなければ絶対に来院してはくれません。

どうしたら治療院に興味を持ってもらえるか?
どのようなキーワードで検索している人が来院するのか?

目に見えない患者様のことを考えてたった30文字の広告文を作ります。
思い通りにいかないことも多いですが、うまくいったときは快感です!
入社したきっかけ
新卒で入社した会社では、求人広告・インターネット広告の営業マンをしていました。

自分の顧客は自分で開拓しなければならず、売上目標に追われながら毎日テレアポと訪問を繰り返していたのですが、営業の仕事は自分には合わないと感じ、転職を決意しました。

業界は変えずに、営業ではなくコンサルタントや広告運用のポジションで転職活動をし、縁あってクドケンに入社しました。

クドケンは業務内容もさることながら、テレアポなどのプッシュ型の営業は行わずに、マーケティングの力で顧客を集めているというのも魅力に感じた点でした。

自分の足で営業をした経験があるからこそ、ブランド力で問い合わせが来るクドケンの凄さを感じています。

超プロフェッショナルエピソード
私が担当した治療家の先生から、
「過去最高人数の集客ができました!」
「過去最高売り上げを更新しました!」
と報告をいただくたびに、嬉しい気持ちでいっぱいになります。

治療家の先生に提案をするときは、私たちの売上を重視した提案ではなく、一番先生の為になると思う最善の提案をするよう心がけています。

その結果、2017年10月の社内表彰式では貢献賞の準グランプリをいただくことができました。

MESSAGE
学生のみなさんへ
就活で大事なことは「モテ」よりも「マッチング」

これに尽きると思います。

自分にとって何が大事なのか?
どんなことをしたいか?したくないのか?

クドケンの面接では、思わず泣いてしまうくらい
私の素を引き出されました。(笑)

そのおかげで、自分に嘘をつかずに働けています。

ウィンキューブホールディングスの選考は、
日本で最も変わっていると思いますが、
最も就活生の素を見ていると思います。

その分、私たちも会社の素を見せます!

素敵な仲間に出会えることを願っています。

その他の社員の紹介

2017年新卒入社

青柳 百香  MOMOKA AOYANAGI

株式会社治療院マーケティング研究所
マーケティングチーム チームリーダー

新卒1年目でチームリーダーに抜擢!? 他社より・・・

2016年入社

左 裕衣 Yui Hidari

株式会社クドケン
Webディレクター

はじめて出会った自分らしく いられる会社。それ・・・

2013年入社

佐藤 蓉子  YOKO SATO

株式会社クドケン
メディア事業部 課長

チャンスを掴むのは自分次第 今までにない挑戦が・・・

一覧に戻る
ページトップへ