RECRUITMENT

売れるコピーの秘訣はリサーチ力。
手に入る情報は全て調べ尽くす。
2012年入社

丸山 大輔  DAISUKE MARUYAMA

株式会社治療院マーケティング研究所
マネージャー/マーケティングチーム
経 歴
2012.12 株式会社クドケンに事務職のアルバイトとして入社
2013.04 株式会社クドケンに正社員 WEBディレクター職として勤務開始
2013.07 WEB制作チームマネージャーに抜擢される
2015.01 株式会社治療院マーケティング研究所 マーケティングチームに転籍 コピーライターとして活動を開始する
2016.11 マーケティングチームマネージャーに昇進
経歴を全て表示
ある1日のスケジュール
09:00 担当する教材の全体プロモーションの考案
11:00 担当する商品の競合となる商品をリサーチする
13:30 昼食を取りながらメルマガで競合他社の情報収集
14:30 担当教材のセールスレターを集中して書き上げる
16:00 チームで打ち合わせ。施策の改善や効果測定を行う
18:30 軽食を兼ねて休憩 エネルギーをチャージ
19:00 制作中のセールスレターに再び集中
21:00 1日の仕事の振り返り、翌日のスケジュールの組み立て
21:30 退社
ある1日のスケジュールを全て表示
INTERVIEW
仕事内容
教材販売の要となるセールスレターの執筆から、販売戦略の考案、担当クライアントとの打ち合わせ、セミナー運営まで、教材を作り上げるのに必要な仕事を幅広く行っています。 コピーライターの重要な仕事である「セールスライティング」を進めるためには「リサーチ」が欠かせません。見込み客となる治療家の先生方とお酒を飲みかわしながら話を聞いたり、教材を販売する先生の治療院に訪問して現場を知ったり、どんな想いで今日まで治療家人生を歩んできたのか?を聞いたりするなど、リサーチに力を入れています。
1つの教材をただ販売して終わるのではなく、その教材に関連したセミナーを企画・開催したり、第2弾のDVD販売を企画したりするなど、売上を最大化することも常に考えて仕事をしています。
入社したきっかけ
転職するとき、できるだけ創業間もなくて事業に将来性のあるベンチャー企業を探していました。その方がより多くの仕事にチャレンジできると考えていたからです。その中で、クドケングループを選んだのには、2つの理由があります。
1つ目は、ダイレクトレスポンスマーケティングという手法を最大限に活用しながら成果を出し続ける姿に将来性を感じたからです。
2つ目は、代表工藤の社員に対する姿勢です。よく「社員のために…」と社長が口にする会社はいくらでもありますが、工藤の場合、社員が少しでも幸福に生活できるよう本気で考え、実践している姿に感銘を受けました。「プライベートや家族との時間を充実させるためにも、会社が稼ぎ続けることが大切だ」という考えにも非常に共感でき、入社を決めました。
超プロフェッショナルエピソード
2014年はYouTube元年と言われましたが、まだそこまでYouTubeに関するノウハウが出回っていない頃に、治療院向けのYouTubeを活用したオンラインプログラムを開発したことがありました。
特別、YouTubeに関する知識もなかったため、出版されている本はすべて買い、知識を仕入れ、ライバルのDVDや教材なども購入し独自に研究。一般化されているノウハウを特定の治療院業界で成果を出すためにアレンジを加えながらプログラムを開発しました。
ノウハウを治療院向けに体系化し、累計4時間30分におよぶ動画を撮影、プログラム化に成功。デザインや開発をやってみたいといっていたメンバーを巻き込み、最高のものを作り上げるため、度重なる修正を加えながらセールスページ、オンラインプログラムを仕上げました。
モニターを14,900円という価格で30院のみ募集したところ、有料にも関わらずリリースからわずか1時間40分で45院の申込みがあり完売。申し込めなかったお客様から次回開催予定などに関する質問がいくつも寄せられ、大成功を収めることができました。
MESSAGE
学生のみなさんへ
まずは、自分が何をしていきたいのか考えてみてください。
その目標が、これから入社する企業でどれだけ実現できそうなのか、と考えることは大切だと思います。
どうせ働くんなら、自分自身の目標に近づけているイメージを持てた方が活力にもつながりますよね。
就職活動中はどうしても周りの状況が気になるかもしれませんが、周りのペースはあまり気にせず、
良い機会だと思って自分自身とじっくり向き合ってみてください。
その方が自分が望む会社と早く出会えることもありますよ。
その他の社員の紹介

2016年入社

新田 夕美子  YUMIKO NITTA

株式会社クドケン
SEO・PPC課 PPC広告担当

「仕事は嫌なもの、やりたくないもの」 という固・・・

2013年入社

佐藤 蓉子  YOKO SATO

株式会社クドケン
メディア事業部 課長

チャンスを掴むのは自分次第 今までにない挑戦が・・・

2014年入社 

萩原 晃平  KOHEI HAGIWARA

株式会社ウィンキューブホールディングス
人事採用統括MG 経営管理部部長

「パパの会社はすごいんだぞ!」って 自分の子供・・・

一覧に戻る
ページトップへ