RECRUITMENT

エースや四番バッターでなくても、
自ら会社を創りたいという想いがあるなら
スポットライトを浴びる事が出来る会社。
2015年入社

鈴木 佑一  YUICHI SUZUKI

株式会社クドケン
WEBディレクター マネージャー
経 歴
2015.06 株式会社クドケンにWEBディレクター職で入社
2015.12 WEB制作チームマネージャーに就任
2016.01 クドケン直営整体院の集客改善を着手
2016.07 クドケン直営整体院の売上が2、3倍とV字回復に成功
2016.10 ウィンキューブアワード 社長賞 受賞
2017.03 新規事業 着手
経歴を全て表示
ある1日のスケジュール
05:00 起床。1日のスケジュールを確認。
06:00 朝食を食べながら、ネットでニュースを閲覧。
09:00 出社後、朝礼。チーム内で情報共有。
10:00 メール対応。
12:00 中野の美味しいタイ料理店で、メンバーとランチ。
13:00 システム会社と打ち合せ。開発の商談を行う。
15:00 メンバーから業務改善の相談を受ける。
18:00 リーダーと会議を行う。業務報告や今後の作戦を練る。
19:00 夜食を軽くとる。
20:00 新事業の提案書の作成。
21:00 退社。会社の近くのジムに寄りリフレッシュ。
22:00 電車に乗り帰宅。
ある1日のスケジュールを全て表示
INTERVIEW
仕事内容
ホームページの制作を行います。“制作”だけで仕事は終わらず、”集客”という結果に導くのがマーケティング会社である私達の仕事です。

チームメンバーは、WEBディレクタと呼ばれるホームページ制作の進行管理役と、WEBデザイナーで構成されています。そんなチームのマネージメントを行うのが私の仕事です。

チームマネージメントとは何をするのか?売上とチーム育成のバランスを取る大事な役割を担います。また、弊社の特徴としてチームメンバーの願望をしっかりと理解します。将来どうしたいか?何を大事にしているのか?価値観は人それぞれですが、会社として支援出来る事であれば全力でサポートする!これも私の仕事です。

チームの平均年齢は29歳。上は40代もいます。年齢も社歴もバラバラですが、業務後に皆でテニスやバスケット、ボルダリングなどスポーツでリフレッシュする事もあります!仲いいですよ。
入社したきっかけ
新卒の皆さん、私は皆さんと同じ年の頃は「大企業でデカい仕事を手掛けたい!」と息巻いていました。大企業への憧れと夢を描いており、中小企業を選ぶより正しい選択だと信じていました。30代中盤になるまでは。

実際、社員3万人の外資系IT企業や、有名広告代理店の出資会社で働きました。案件は確かに大きいです。勿論、遣り甲斐もありましたが…満たされず転職という選択を取りました。

原因は明確です。仕事の間に大勢の人が挟まる事を好みませんでした。ネガティブな話になりますが、大企業だと何かと業務に口を挟む組織や人が存在し、意見による変更もしばしば。理不尽に感じるレベルで行われる事もよくありました。「意見するのが仕事」という人もいますからね(笑)

優秀な人材も多いですが、ムダな労力を感じていました。そんな企業に50代まで従事し、突然の解雇、突然の倒産。その時に外で働く実力が自分に備わっているのか。不安でした。

そんな不安を抱えて働く事は健全ではない!そう思うようになり「売る力、マーケティングの力を手にしよう。」と転職を行い、株式会社クドケンに入り解決です。毎日がワクワクに変りましたよ!
超プロフェッショナルエピソード
中途採用で入社6ヶ月目ながら、自らチームメンバー全員を巻き込み、クドケン直営店である治療院のホームページを改善。

ホームページからの集客が毎月10名程度と落ち込んでいたが、毎月60名以上を安定して集客できるように改善に成功!

結果、半年もたたずに直営店の売り上げを、2倍、3倍へと変える事に成功!!

スマートフォン利用者の増加に注目した対策が、オフライン集客との相乗効果も発揮し、大成功を収めました。

チームは自信をつけ、店舗は売上アップでハッピー、来院患者様も長く通える治療院に巡り合ってハッピー。

まさにウィンウィンウィン!
MESSAGE
学生のみなさんへ
皆さんにとって最初の会社選び、悩みますよね?
僕もとても悩んだので気持ち分かります。
同じ気持ちを経て、私は18年前に初就職を行いました。
当時は思いもよらない考えでしたが、今はこのように考えます。
「会社はあなた自身が創るもの」

その会社の看板や社長に頼っていたら、
あなた自身の人生は満たされ難いと考えます。
何故なら他人に依存し、振り回される人生を送る事になるからです。

もしあなたが、自らの舵を取り進む未来を選ぶなら、
あなたは願望と愛に満たされた人生になると考えます。

ウィンキューブホールディングスは、どんどん急成長をしています。
今でも十分大きくなりましたが、これからさらなる革新を行う仲間を募集中です。
あなたの入社を心からお待ちしております。
その他の社員の紹介

2013年入社

佐藤 蓉子  YOKO SATO

株式会社クドケン
メディア事業部 課長

チャンスを掴むのは自分次第 今までにない挑戦が・・・

2017年入社

大神 千穂 Chiho Ogami

株式会社ウィンキューブホールディングス
社外取締役

保育は福祉。 だからビジネスにはならない! ・・・

2018年新卒入社

松川 春花  HARUKA MATSUKAWA

株式会社治療院マーケティング研究所
マーケティングチーム

偏差値37.5のFラン大学に通う 元地下アイド・・・

一覧に戻る
ページトップへ