年齢も、性別も、学歴も関係なし。
やる気と実力があれば、可能性は無限大。
2012年入社
丸山 大輔  DAISUKE MARUYAMA
株式会社ウィンキューブホールディングス
WEBプロモーション事業部 部長
経歴
    
2012.10 ひょんな繋がりから、代表工藤としゃぶしゃぶ屋でランチをすることに。「明日から来てみる?」といった出会いをきっかけに勤務開始
2013.04 株式会社クドケンにてHP制作を担当
2013.07 株式会社クドケン、WEB事業部マネージャーに就任
2015.01 株式会社治療院マーケティング研究所マーケティング事業部に転籍し、コピーライターとして活動を開始
2016.11 マーケティング事業部 マネージャーに就任
2019.4 就任時10億だった年商を23億へと倍増させることに成功。
2019.9 現在は年商30億を目指して邁進中
INTERVIEW
仕事内容
会社が目指す夢に対して、それを具現化する仕事をしています。

代表の工藤が、「あれをしたい」「これをしたい」という夢を語り、
その夢を、
「どうやったらメンバー全員で実現することができるか?」
を考え、実行していくのが僕の仕事です。

例えば、
「42.195キロのフルマラソンを
メンバー全員で2時間以内に走りきることがゴール」
という目標があれば、
目標を達成するための方法を自ら考え抜きます。

具体的に言えば、

「走らせる順番をどうするか?」
「メンバーの体調やメンタルはどうか?」
「休憩をどこで入れるか?」
「ライバルにはどんな選手がいるのか?」
「メンバーのタイムを上げるために普段どんな練習を行うか?」
「もっと早く走れる靴はないか?開発できないか?」

などを総合的に考え、
1つ1つを最高の状態にもっていくことです。

これと同じようなことを普段の仕事で行っています。

大きな目標に対し、選択できる方法は無限大。
答えのない仕事なので、
自分次第でいくらでもビジネスを拡大できると考えると
プレッシャーは大きいですが、
非常にやりがいに溢れ、楽しい仕事ですよ。
入社したきっかけ
僕が会社を選ぶときに決めていたことが1つあります。

それは、
『できるだけ創業間もなくて、
事業自体に将来性のあるベンチャー企業』
だということです。
理由は、その方が大きな裁量を持ち、
多くの仕事にチャレンジできると考えていたからです。

そんな中で、
ウィンキューブホールディングスを選んだのには、
2つの理由があります。

1つ目は、
圧倒的なマーケティング力を持って
事業を展開していたこと。

僕自身マーケティングが好きで、事業の成長には
マーケティングが絶対に不可欠だと感じていたため、
マーケティングを武器に働けることに魅力を感じたからです。

2つ目は、
代表工藤の社員に対する姿勢です。

よく「社員のために…」と社長が口にする会社は
数えきれない程ありますが、
本当に実行に移している社長はどれほどいるでしょうか?

社員が少しでも幸福に生活できるよう本気で考え、
実践してくれている姿に感銘を受け、
代表の思考と行動に深く共感できたことから入社し、
現在に至ります。
超プロフェッショナル エピソード
2017年の夏、僕らのブランド、
「ゴッドハンド通信をさらに拡大していくために
何をするべきか?」
という課題に直面していました。

顧客が抱えている課題や問題に対し、
まだ提供しきれていない市場を調べた結果、
手技テクニックを気軽に学べる動画番組が存在しなかったため、
『最高峰の手技を、無料で!』という言葉を合言葉に、
Youtube市場へと参入しました。

地上波テレビのような企画や人気手技講師の選定、
映像の大幅なクオリティアップに着手したかいもあって、
サービス開始時、
800名しかいなかった視聴者も、
わずか1年で開始時56倍の45,000名まで
視聴者を増やすことができ、
業界No.1メディアへと躍進させることができました。

1つの動画が1万回再生されれば大成功といわれる業界において、
1本の動画で85万回も再生される
モンスター級のコンテンツ動画を生み出すことにも成功しました。

これら成果をもとに、さらにコンテンツ力を加速させるべく、
チームから1つの課として完全独立化。
成功事例を横展開し、
エネルギーTVという新たなメディアを立ち上げ、
さらなる市場を拡大に向けて邁進しています。
ある1日のスケジュール
      
06:30 起床後、独自に研究した栄養満点のグリーンスムージーを飲み、エネルギーを満タンにしてから1日を開始
08:45 出社後、「1番重要な仕事」から着手
09:10 週1回の全体会議。現在動いているプロモーションの進捗を全員で確認
11:00 メンバーとプロモーションの戦略について打合せ
14:30 担当教材のセールスレターを集中して書き上げる
12:30 メンバーと一緒にランチ
14:00 インターン学生に向けて、「僕らの会社で働く意味・マーケティングを極めることの大切さ」について研修を実施
16:30 「リモートワーク制度」を導入するためのルール素案を作成
18:30 他業界で上手くいっている会社を分析。自社に取り入れられることがないかリサーチ
20:30 自宅へ帰宅。仕事に必要な知識(読書や教材)を学び、自分自身をアップデート
MESSAGE
学生のみなさんへ
すでに履歴書を書いていたり、
面接を受けたことのある就活生なら、
思い当たるところがもしかしたらあるかもしれませんが、

就活のときに、
少しでも自分を良く魅せようとするように、
会社だって自分の会社を良く魅せようとします。

当然、嘘偽りのない事実を伝えていますが、
多くの就活生に興味を持ってもらえるように、
あの手この手を使って、
なんとなく良く見えるように工夫しています。
(しかも、僕らの会社はマーケティング会社なので、
そういったことが大得意です)

だからこそ、一言だけ言わせてください。

「説明会にぜひ来てください(笑)」

ホームページで雰囲気が良さそうだとしても、
それが本当かどうかはわからないですよね。

結婚相手を、直接顔を合わせるデートもせずに、
マッチングアプリについている
「いいね!」の数だけで決めてしまう…
なんてこともないですよね。

就活だって一緒です。

だからこそ、ウィンキューブがどんな会社なのか?
どんな人が働いているのか?どんな雰囲気なのか?

自分自身の目で確かめに来てほしいんです。

気にはなっているけど、会わない。これが1番損です。
後々になって、
「やっぱ行くべきだったかな…」って後悔が残りますからね。

会うだけ会ってみて違ったら、それはそれで次に進めますよ。
その他の社員の紹介

2012年入社

地家 ひかる  HIKARU JIKE

WEBプロモーション事業部
キャスティングプランナー

責任はすべて自分。 不安は常につきもの。 だ・・・

2012年入社

伊藤 将汰 Shota Ito

WEBプロモーション事業部
チームリーダー/マーケティングチーム

面接官の前で5分以上沈黙したコミュ障が 入社・・・

一覧に戻る
ページトップへ